ソーシャルレンディング初心者向けおすすめ業者|少額高利回りな資産運用方法

ソーシャルレンディングは最近徐々に注目されている資産運用の一つとして別名「投資型クラウドファンディング 」などと呼ばれている金融商品です。

大手の企業にはSBIグループやGMOグループなど参入する企業は年々増え続けています。

注目される理由としてやはり少額からでも運用出来る点であったり、高利回りを狙える点にあります。

一般的に定期預金や個人向け国債は少額からでも運用が出来て、とてもリスクの低い金融商品として扱われていますが、利回りもリスクに見合って少ない為、資産運用する上では高リターンは狙えません。

しかし、それらに対してソーシャルレンディングなら少ない資金しかなくても高リターンが狙えるので、魅力的と言えますね。

ここではそんな高利回りも期待出来るソーシャルレンディングに焦点を当てて業者の選び方やおすすめ業者を紹介しています。

初めてでも失敗しない!リスクから逆算するソーシャルレンディングの選び方

事業者の選び方

最低一万円から運用

初めての人にはまず少しでも運用ができる事を確認してから元金を増やすのがオススメ。
どんなに信頼している人からの情報よりも自分で経験をした方が確信出来るはず。
その為には少額から投資出来るソーシャルレンディング会社を選ぶ必要性がある。資産運用と聞くと最低数百万から数千万ぐらいの資金がないと無理なのでは?と考える人もいるかもしれないが、会社にもよるが最低一万円から投資出来る所を選べばハードルがグッと低くなるはず。

複数社での運用でリスクを極限に減らす

どんなに優秀な会社でも倒産する事業者リスクは少なからずにある。
長い期間、高い利回りを出していても倒産してしまっては投資収益どころか元本さえ消えてしまう可能性もある。
そこで事業者リスクをなるべく減らすには複数社での運用をして「分散投資」をさせること。

投資案件、ファンドの選び方

利回り重視で選ぶのであれば日本の案件よりも海外を選んだ方が資金効率などの面から良い。
しかし日本とは違って為替変動リスクや法律的な壁な上にハイリスクハイリターンな為、初めての人にはハードルが高すぎる。

選び方まとめ

会社の事業としての収益性を一番に見るべきで失敗しない為には分散させること。

まず資産運用をする上で利回りを少しでも求めるのであればリスクを受け入れるしかならず、ゼロには決して出来ない。出来る事はリスクをなるべく減らしながらリターンを求める事のみ。しかし、投資初心者ほど高い高利回りを求めるあまり、必要以上なリスクを背負って失敗してしまう。

その気持ちはとても分かるが、利回りを求める以上は失敗するリスクも持ち合わせている為、初心者であればあるほど安全性や安定性を重視しておくべき。少ない利回りでも運用期間をかければ複利でいくらでも資産は増やせる。

信頼性のある業者の見つけ方と着目ポイント

株主、出資元

信頼性の高さを表すのが出資元である株主。

大手企業であればあるほど信頼度合いが高いという証明になる。

信用力のあるソーシャルレンディング業者を判断する1つとしてどんな企業が出資しているのか?といった株主に着目してみること

実績

どんな人でも企業だとしても実績がなければ信頼はされないし、有名であればあるほど実績を出している傾向にあるはず。

上場する際も会社の規模を数字として審査されるぐらいの為、実績に着目すること。

資産運用初心者には少額からの投資が一番有効

投資に限らず何事にも経験するのが一番です。大事なお金をどこかしらに預けるわけですから、慎重に行いたいところですね。そこでここでは少額からの資産運用をオススメしています。それにはなぜか?理由がいくつかあります。

まずは少額投資をして最低限の知識や利回りの感覚を実体験することです。
お金の流れを実際に数字として把握出来れば、いくらでも収益性は元手を増やせば増やすほど増えていきます。
また、少しでも安定的に利回りが出るのであれば、期間を設けることで複利の力で大きく増やす事が出来るのです。

ミドルリスクミドルリターン向きの金融商品

定期預金や国債はリスクがとても少なく、堅実な投資対象として比較的ローリスクローリターン向き金融商品として扱われています。

アメリカ国債ならまだしも日本国債や定期預金なら安全向きではありますが、利回りとしてはほとんど期待出来ません。資本が大きければ収益は出ますが、現実的ではありませんね。

そこでミドルリスクミドルリターンが狙えるのが「ソーシャルレンディング」といった投資型のクラウドファンディングとも呼ばれたりする金融商品です。

【初心者向け】おすすめソーシャルレンディング5社

ここではソーシャルレンディングで資産運用をするにあたってどこの業者で投資すればいいの?といった初心者向けに信頼性のある5社を厳選している。

1、クラウドクレジット

短期間での投資、そして外国為替で分散したりして、アグレッシブにポートフォリオを組んでおきたい方に向いているソーシャルレンディング業者。

実績があり、知名度が高く、高利回り案件が多いことから特に人気で信頼されている。

また、案件は限られるが最低一万円から投資が出来る点から非常に初心者にハードルが低く資産運用出来る点から良心的だと言える。

初心者だけでなく比較的リスクを取れるハイリターンを狙いたい人まで利用出来る為、無料の会員登録はしておいて今のうちにチャンス案件を見逃さないようにしておきたい。

2.オーナーズブック

安全に堅い投資として有名な「不動産」。でも不動産投資なんて最低何百万円、いや何千万円持っていないと中々難しく、ローンが組めれば元手がそんなになくても可能であるが、初心者にはハードルが高すぎて手が出ない人が多いはず。

しかし、オーナーズブックであればそんな不動産投資に特化していて一万円からと安価な金額から投資する事が出来る。

一気に高価な金額を出さずに積み立てしたりしてコツコツ資産運用出来るので、ゆっくりでも良いから堅実に投資したい人向き。

4、SBIソーシャルレンディング

金融業界では信頼性がとても高い大手SBIグループが運営するソーシャルレンディング業者で手数料が比較的安めなのが特徴的。

そして利益が出れば毎月分配されるスタイルになっていて定期的に資産運用を実感出来るので非常に嬉しいポイントとなっている。

運用期間も最低4ヶ月からと短期間も実現されていて、SBIソーシャルレンディングの一番の強みとして法人向け貸付では「貸し倒れ件数0件」を達成している点。

なんといっても投資といえば信頼性の高いSBI一択だろう

4.マネオ

ソーシャルレンディング業界の中でも歴が長くシェア率も非常に高くて50%以上。

マネオの筆頭株主としてGMOグループ、三井住友銀行グループであったり大手企業が参加しているので財務的にも安心の出来る業者と言える。

最低数万円からの投資金額でローンファンドへと投資出来ますし、利回りから運用期間まで案件も豊富です。

5、トラストレンディング

手数料には取引や維持、振込などかかりますが、トラストレンディングでは手数料に優しく「無料」
になっている。

SBIソーシャルレンディングと同じく利益は毎月分配型。

最低投資金額は上記で紹介する4社よりも高く10万円からとなってますが利回りの高い案件が多いので高リターンを得たい方におすすめの業社!

こんな人におすすめ!各項目向け業者

不動産案件で選ぶ

不動産案件に特化していて信頼度の高いソーシャルレンディング会社。海外不動産はしておらず日本国内の不動産のみであるが、情報量は多めで安心して不動産に投資したい人向き。

案件数で選ぶ

案件数や案件の種類自体も多くて手広く運用したい人向きのソーシャルレンディング会社のマネオ。案件自体が多い為、投資したい時にスッと投資しやすいのが特徴。

期待利回り、収益性で選ぶ

海外案件で積極的に高利回りな案件を狙えるのが特徴的で、利回りを狙うだけでなく為替等でリスクヘッジをする事も可能。多少のリスクは覚悟で10%超えのようなハイリターンを狙いたい人向きなのがクラウドクレジット。

会社ブランドで選ぶ

金融業界だけでなくグループ全体としてブランドが出来上がっているSBIグループが手掛けるSBIソーシャルレンディング。管理画面は独特で癖を感じる人がいるかもしれませんが、会社としての信用度は抜群に高いです。

投資額の幅で選ぶ

ほとんどのソーシャルレンディング会社は最低一万円から数万円からの投資ですが、funsであれば最低1円からでも運用する事が可能となってます。銀行預金のような手軽な感じで始めたい人向きと言えますね。

資金回転率、運用期間の短さで選ぶ

運用期間の短い案件が多くて資金回転率を重視したい、とにかく資金の拘束期間が気になる人や機会損失をなるべく減らしたい人向きでオススメしたいのがクラウドバンク。

人気で選ぶ

案件の募集が始まってすぐに成立したり、投資したいけど出来ないといった事が起こるぐらい人気のオーナーズブック。不動産投資を手軽に出来るのが強みで人気で選ぶなら間違いなくここ!

信頼性で選ぶ

運用している案件の市場自体であったり、運営している会社の規模や利回りの現実性など総合的な信頼度からオーナーズブックが挙がった。