資産運用におすすめするソーシャルレンディング業社を徹底比較|少額から利回りが狙える!

今の日本の現状では国がなんとかしてくれる、このような風潮はどんどんなくなっていて副業解禁であったり、銀行金利もスズメの涙とも言えるぐらいの金利しかなくなっています。

誰がどう見たってバブル時代のように銀行に預けてさえおけばお金が増えるといった時代ではありませんね。
そんな中で資産運用の一つとして「ソーシャルレンンディング」といった投資商品に注目が集まっています。

人気の要因として株やFXよりも元本割れが起きにくい事、そして安全に収益性を求められやすい為です。
ソーシャルレンディングは「新しい資産運用の形」としてどんどん乗り出す企業も出てきましたし、年々業界全体で盛り上がってきています。

ここではソーシャルレンディングに関してこんな疑問を持つ方に向けて情報をまとめました。

  • ・ソーシャルレンディングを始めたいけど、どんな業者を選べば良いのか?
  • ソーシャルレンディングの簡単な仕組みを知りたい!
  • どんな業者があるのか有名な業者を知っておきたい
  • 失敗しない為に、知っておくべきリスクとは?
  • ソーシャルレンディングの流れを知りたい!
  • 初心者におすすめの業者はどこなのか?
  • 【厳選版】最もオススメするソーシャルレンディング5社

    1、クラウドクレジット

    短期間での投資、そして外国為替で分散したりして比較的安全にポートフォリオを組んでおきたい方に向いているソーシャルレンディング業者です。また最低一万円から投資が出来るので、非常に初心者にハードルが低く資産運用出来る点から良心的。初心者だけでなくアグレッシブに高い利回りを狙いたい人まで利用出来るので、今のうちに無料の会員登録はしておいて良い案件を見逃さないようにしておきたいですね。

    2、オーナーズブック

    安全に堅い投資として有名な「不動産」。でも不動産投資なんて最低何百万円、いや何千万円持っていないと中々難しく、ローンが組めれば元手がそんなになくても可能ですが、初心者にはハードルが高すぎて手が出ませんね。しかしオーナーズブックであれば、そんな不動産投資に特化していて一万円からと安価な金額から投資する事が出来ます。
    一気に高価な金額を出さずに積み立てしたりしてコツコツ資産運用出来るので安心して投資が出来ます。

    3、マネオ

    ソーシャルレンディング業界の中でも歴が長くシェア率も非常に高くて50%以上。
    マネオの筆頭株主としてGMOグループ、三井住友銀行グループであったり大手企業が参加しているので財務的にも安心の出来る業者と言えます。
    最低数万円からの投資金額でローンファンドへと投資出来ますし、利回りから運用期間まで案件も豊富です。

    4、SBIソーシャルレンディング

    SBIグループが運営するソーシャルレンディング業者で手数料が比較的安いのが特徴的。そして利益が出れば毎月分配されるスタイルになっていて定期的に資産運用を実感出来るので非常に嬉しいポイントとなってます。運用期間も最低4ヶ月からと短期間も実現されていますし、SBIソーシャルレンディングの一番の強みとして法人向け貸付では「貸し倒れ件数0件」を達成しています。

    5、トラストレンディング

    手数料には取引や維持、振込などかかりますが、トラストレンディングでは手数料に優しく「無料」
    になってます。SBIソーシャルレンディングと同じく利益は毎月分配型です。
    最低投資金額は上記で紹介する4社よりも高く10万円からとなってますが利回りの高い案件が多いので高リターンを得たい方におすすめの業社と言えます!